第1段階 技能4限目

18:00 第1段階 技能4限目
06.変速操作のしかた
08.円滑な発進・加速
09.速度の調節

教習前のチェック。
袖をしっかりと伸ばしてプロテクターを装着。(前時限教習前に指摘・修正されていた。)
ヘルメットはおでこをしっかりと隠すようにかぶる。(最初と、前時限、計2回指摘されていた。)

先生の後ろに乗って本日回るコースの説明から。右左折を入れるとのこと。
コースのスタートから始まり、時計回りを二周。二周回ったら、坂道手前で右折し信号のある交差点の方へ。交差点は左折へ。左折後の止まれをさらに左折して、2周。
2周回ったら先ほど右折して向かった交差点へ左折で入る。交差点は先ほどを同じく左折し、今度は止まれを右折。右折後はスタートラインに戻って所定位置に停止。

できたら長い直線で1回は40km/hを出せるようにしてみてください。と指示あり。この後の課題にもありますので。(あぁ、急制動のことやぁ~)

相変わらず、アクセルの調整が難しいのと、クラッチの操作がオンオフだけになっている!半クラッチができていない。もちろんこの影響で、スムーズな変速操作もできていない。
そして、初の立ちごけ経験!前が詰まっていたので、停車していたのですが、いつの間にか後ろにもほかの方が。。。別に焦ったわけではないのですが、振り向き方が悪かったんだ
と思います。見事に左側へとバランスを崩して倒れました。足をはさまないようにと気をつけたおかげか?はさまれることはなかったです。車体はノッキングしていたので、すかさず
キルスイッチを押してエンジン停止。すぐに車体を起こしました。この車体起こしがすんなりできたことがびっくりです。起こすタイミングで別の方の指導中だった先生が駆けつけて
ました。私はいったんサイドスタンドを出しましたが、先生はそのまままたがってもよかったよ。と言っていただけました。私的にはサイドスタンドを出して一旦車体を手放したことで
変な焦り?はなくなり、すぐにまたがることができました。ですがここからが大変。キルスイッチを戻し、クラッチ握ってスタートボタンを押すもエンジンがかからず。キースイッチを
いったんオフにしてみてやり直したりしてもかからず。そのうち先生が右側にやってきて、スタートスイッチを押しながらエンジンがかかる!なぜ???どうやらアクセルも少し回した
方がかかりやすかったようです。
このあと2,3周回ったくらいで本日の教習時間、終了。

最後に先生より。直線はもっと速度が出せるようになるといいね!
最後の方で1回ほどメーターを見たんですけど、私自身それなりの速度が出ていると思っていた速度、30km/hにも届いていなかった。。。

今日のポイント
・半クラッチ!!!スムーズなギアチェンジのコツになるはず。
・アクセルは過度に回すな!!!
・焦るな!リラックス、リラックス。

そうそう。教習前と教習後のそれぞれのWeb予約チェックで、シュミレーター以降の教習が連日で確保出来ちゃいました。あ、でも、天気予報だとこの二日間、雷雨です。
ひとまず保険ということで。。。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました