「ソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

Windows 10 CreatorsUpdate + ID Manager 8.1

この組み合わせも一つ不具合あり。

Issue Date , Expiration Date の日付が表示されなくなった上に入力することもできず。
CreatorsUpdateをアンインストールしたら表示・変更できるように戻ったことを確認。

う~ん、これも困ったもんだ。

ひとまず CreatorsUpdate はしばらく静観だな。

ツイートツイート

メインノートパソコンのHDDを換装

メインで使用している、DELL のノートパソコン、INSPIRON 5437 の内蔵 HDD 1TB を CFD の SSD 240GB へ換装。
換装にあたって、現状の丸ごとコピーに使用したソフトは Acronis True Image 2016
そうそう、コピー先の SSD を取り付けたのは先日購入したこちら→ http://arare.firebird.jp/?p=2063
外付けケースにSSDを取り付け。
ノートパソコンのUSBへ接続、ディスクの管理で認識したことを確認。
Acronis True Image を起動。
「ディスクのクローン作成」を選択。
コピーは自動で[特に今回は大容量からのクローンでしたので]。
ソースとターゲットを間違えないように選んで、クローン開始。

正確に時間計測してはいなかったのですが、USB 3.0 接続で 30分ほどだったと思います。

クローン作業が終わってシャットダウンしたところで、HDD から SSD へ換装。

OS は Windows 10 Pro 64ビット。Windows 8.1 からの無償アップグレードさせたもの。認証はマザーベースだったこともあり、再認証なしで問題なし。よかった。

HDDに比べれば速くなりました。アプリの起動もこれまでよりは速くなった。
感動が薄いのは会社のパソコンもSSD化して日常的に使用していることと、最近事務所内での仕事がパソコンの初期設定なのですが、そのほとんどがもともとSSDのものをさわっていて、そちらのほうが断然早く感じているせいもあってで・・・

そんな中、アプリの複数起動、バッテリー動作での電池の減り具合などを見ていますが、アプリの起動はやはり速い。切り替えも速くなってますね。バッテリーについては HDD のころより持ちがよさげです。ACを抜いてからかれこれ2時間以上経過しているのですが、残77%、残り8時間23分って出てる^^; HDD の時はもう少し減りが早かったように思います。
今、膝にノートパソコンをのせてて感じたことですが、発熱もこれまでと比べて減ってる気がします。
かなりの恩恵を受けられそう!

今回購入したSSDはこちら↓ 発送も速くてこの休みに作業ができたことに感謝!

クローンソフトはこちら↓ あられは一つ前の バージョン2016 を使用。また、3台用のものを所有。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

True Image 2017 – 3 Computers
価格:7523円(税込、送料無料) (2016/11/23時点)

1台だけで良い方はこちらがおすすめ↓



ツイートツイート

デスクトップ、残りの一台も・・・

Windows 10 にアップグレードしました。
こちらはソフトが2つほど未対応のため事前にアンインストール。
それから非表示にしていたアップグレードプログラムからインストール。

このデスクトップ、ちょっとした不具合が出ているのは

1.MonsterTV で時々エラーが発生すること。テレビ視聴・録画には今のところ影響なし。

2.BIOSからの自動電源オンができなくなったみたい。
 これはもう少し様子見つつ調べる。

どれも深刻な内容じゃないからぼちぼちと解決策またはできないことへの納得理由、探します^^;

ツイートツイート

Windows 10 にアップグレードして

よかったこと

Bluetooth Mouse 通信断が発生しなくなったこと。
これ、かなり大きいです。全く発生していない・・・
続くと使用中連続で発生していた Bluetooth Mouse の通信断。そのたんびに Mouse 側の電源OFF-ONをしなきゃいけなかったから結構煩わしかった。

おかしいなぁ、ドライバーなどは新しいものを当てたりしていたんだけど。。。

わるくなったこと

ちょっと起動が遅くなった???
ちょっと気になる・・・もう少し様子見てみるか。




ツイートツイート

Windows10 回復ドライブを作成する

最悪の時に備えて、回復ドライブの作成を開始。
今回は↓こちらを参考に作業を進めました。
回復ドライブの作成方法 ( Windows 10 )

用意しておいたのは Shilicon Power の 8GB USB メモリー。

USB3.0ポートがある場合はUSB3.0対応のものをお勧めします。

USB3.0 ポートを持っていたのですが、USB2.0 の 8GB しか持ち合わせなくこれで実施したところ、コピーに1時間強かかりました。
ひとまずこれで最悪時の再インストールができる準備ができました。

ツイートツイート

Windows 10 へアップデート

メイン使用のノートパソコンを Windows 10 Pro 64bit へアップデートさせました。
もちろん、使用しているソフトウエア含め動作的にすべてが問題ないことを確認の上で実施。

そうそう、アップデート前に行ったことは2点。

・Windows 10 には対応しているがアクティベーションの関係で一度アンインストールをしなくちゃいけなかった「Singer Song Writer Start」をまずは忘れずにアンインストール。
・Acronis True Image にて全体のバックアップ。

上記を行ったところで Windows 10 へのアップデートを開始。
ま、これは淡々と進行し、2,3時間で完了。
デスクトップ画面まで来たところで、「Singer Song Writer Start」をインストール・アクティベーション処理。問題なく起動することを確認。
Windows の認証も問題なし。

すでに仕事の上でも Windows 10 を操作していたあられにしてみると特に感動無し^^; ^^; ^^;
ほぼすべてのソフトが問題なく移行はできている感じ。
これからぼちぼち操作してみて何かあったら、報告するかも???



ツイートツイート

Windows 10 Update で混乱

先々週の週末から

「勝手に Windows10 にアップデートしてしまった!!!」

って話が舞い込んできた。
そのたんびに対応に追われるメンバー。
先週も次から次へと発生。
この週末もWindows10にUpdateしてしまったパソコンがインターネットにつながらないということで知人宅に伺っていた営業からも連絡があったりとなかなか騒がせてくれる、Windows 10 への無料アップデート。この知人さん、PPPoE接続だったのね~

こりゃ、Microsoft公認の「ウイルス」といわれても仕方ないじゃん!?

Windows 10 に Update するっていったって、使用しているソフトが Windows 10 に対応していない場合はどうしてくれるのよ?
元のOSに戻せるって言ったって設定・ソフトがすべて戻るわけでもないから困った仕様です。対応していないソフトは勝手に削除されたりしますからね。

でもね、無料期間中に一度でもUpdeteしておけば無料期間終了後も問題なく Windows 10 へ Update できるっていう噂もある。
↓それはこちらをチェック
無償期間まで半年を切ったWindows 10 アップグレードの注意点を緊急チェック

自己防衛するしかありません。もしくはWindows 10への移行を早めるか?

以下も参考程度に。
Windows 10 への自動アップデートを防ぐ方法 (2016年2月版)

Windows7・8.1でWindows 10への自動アップグレードを止める方法

Windows 10の自動更新(Windows Update)を無効にする方法

ツイートツイート

Windows7 ServicePack1 適用できず、その対処法の事例

仕事の中で Windows7 の WindowsUpdate にてServicePack1(SP1)のインストールに失敗した件で対応した内容を控えとして記録しておきます。

ServicePack1(SP1)のインストールを何度チャレンジしても失敗する上に適用と復元に7~8時間以上の時間を費やしていました。

今回の適用手順例[あくまでも一例であることをお断りしておきます。]
事前準備として、システム更新準備ツールとServicePack1(ISOイメージ)をダウンロードしておく。

0.WindowsUpdateを実行。SP1を除く適用可能プログラムを適用。

1.通常に立ち上げてダウンロードしておいた更新準備ツール(Microsoftにて用意しているWindowsUpdate失敗時のツール)
 を適用。
2.msconfigにて設定。セーフモードで再起動。事前に作成しておいたSP1のメディアからSP1の適用を開始。
 一見順調そうだったが、更新適用30%でシャットダウン後、更新失敗で復元作業となる。
3.msconfigにて設定を通常に戻す。再起動。SP1適用失敗のメッセージウインドウ。エラーは「0x80070643」このエラーが絶対ではない。

4.次にmsconfigにてクリーンブート起動の設定。再起動。通常起動に近い形。
 ここでメディアからSP1の適用を開始。
 順調に更新が進み完了。

5.WindowsUpdateを自動更新に設定を戻す。手動でUpdateを実行。重要プログラムを適用。
 最後にmsconfigにて通常設定に戻す。

参考にしたURL
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/windows-update-error-80071a90

ツイートツイート

再セットアップ中・・・

昨年、メインPCをdellのノートパソコンへ移行する予定でしたが、データ移行をずるずるとやってしまっていて年末になってようやく大筋完了。
これまで使用していたデスクトップPCはマルチメディア用に以前取得しておいたフルバックアップファイルを活用してすっきりさせようとしていたのですが、そのフルバックアップファイルが壊れていて結局再インストールすることになってしまいました。
今回は覚書の記録も取りつつ再インストール中。いろいろとメインPCでなくなった分、出来るだけ使い勝手がよくなるよう構築を進めました。
その構築もほぼ完了し最終バックアップを現在作成中。もう30分ほどかかりそうなので今夜は放置してそろそろ寝ます。

おやすみなさい。

ツイートツイート

Windows7: C:\Program Files を別ドライブへ移動する の巻

本件に関しては下記のページを参照させていただいた。Natzさんに感謝。

Windows 7: C:\Program Files フォルダーを別ドライブに移動
->Windows 7: C:\Program Files フォルダーを別ドライブに移動 (x64 対応半自動化版)

上記の手順通り実施して問題なく作業完了。

とはいいつつも、作業時に気を付けたことと言えば、

・バッチファイルは c:\ に作成して実行。
・レジストリ変更ツールは再起動前にアンインストール。

くらいかな?

次はアプリ関係のインストールを開始。

ツイートツイート