恒例の年末調整の時期になりました。
うちのが再々就職したので扶養から外さなきゃと思いつつ書類見ぃ~の、会社に提出する家族記録表を見ぃ~のしていたら

ん?

( ,,`・ω・´)ンンン?

あれ?

もしかして、うちのやつ、扶養になっていない???

事務方に聞いてみたら、名前が載っていない=扶養になっていないってぇ~のが発覚!

いや、あられは名前が記載されていなくても、てっきり扶養対象になっているもんだと勝手に思っていた…手続した気でいたから。

そこで人事課に問い合わせ。

結果・・・

健康保険だけは確かに書類を書いて保険証をもらえるように手続きをしていた(これははっきりと覚えていた)が、これは健康保険だけの手続きであって、税制のほうの手続きは家族記録表が必要だったとの結論に至る…
(ちなみに厚生年金はこの健康保険の手続きと連動しているらしく、年金の加入期間に空白期間はできていなかったとあとで知る。よかった。うちのもめっちゃ気にしてた。)

んな、健康保険は健保組合の扱いやいったってその送付もとは人事やんかぁ~!横のつながりはないんかい!
ちょっと腹立たしいうえに、本来もらえているはずの扶養手当はさかのぼってももらえんらしい。会社側の過払い時は返還請求は確実にあるのに。。。

(周囲のいろんな話を聞いていたから、あんまり驚かんけど)

ま、結果、扶養を外す手続きをする予定やったから、もういいわ。と思っていたら、H29年の年末調整は変更申請可能だから書類を出してくれということになり…

H30年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申請書はどうせうちのを扶養から外す予定だったのでこれまでのままで提出。
H29年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申請書は別途再提出
プラス家族記録表(H29は扶養追加、H30は扶養から外すで2通)、健康保険も扶養から外すで書類1通を提出準備を進めてます。

さらには過去5年間に限っては確定申告すれば過払い分の税金(本来うちのが扶養であったことによる)還付はできるらしい。

3年前に退職していたので残りH27,H28の分ね。

2度目の人事への確認連絡時に確定申告できるように「源泉徴収票(上記2年度分)」をすぐに送ってくれることとなる。

以降、「自身初の確定申告」へ続く。。。

ツイートツイート