サブパソコン、ThinkPad X240

【 購入時スペック 】
ThinkPad X240 Type:20AM-S0U100
OS: Windows7 Pro 64bit
CPU: Core i5 4300U / 1.90GHz
HDD: 500GB
Memory: 8GB
光学式ドライブ: 非搭載
グラフィック: Intel 内蔵グラフィック
ポート:
右側面: USB3.0×1、RJ-45、CardReader
左側面: USB3.0×1、D-sub、MiniDisplayPort

購入時の状態で動作確認実施。問題なし。
内部・外部共にきれいでした。
わかっていた破損個所は予想よりいい状態。普段使用・持ち出しには全く問題なし。
液晶もあられから見たら全く問題なしな程、きれいな発色・表示。
ここで意外だったのは内蔵バッテリーもついていたこと。着脱式は当然として。
第4世代CPUでバッテリーの持ちが良くなっていることを計算していたところに内蔵バッテリーまでついていたとは…
フリーソフトで調べたところ、本来の80%くらいは使えるようなので大満足。これでホントのサブ・モバイルパソコンとして申し分なし!

【 ここから構築作業 】
HDDをSSD 256GBへ換装。元HDDで Windows10 へアップデート実施後。
爆速起動・終了はもう普通のHDDには戻れない^^。

(以下はメインパソコンと同様)
Windows10 Pro 64bit を 再インストールして April 2018 Update(1803) へ。
Microsoftアカウントの使用も考えたが、あえてローカルユーザーを作成。
ローカルユーザーは、PrivateアカウントとJOBアカウントの二つを設定。

以下をインストール

Office 365
Acrobat Reader DC
ウイルスセキュリティ(ユーザー移行)
Acronis True Image 2016(ユーザー移行)
ID Manager
BunBackup
TeraPad
Lhaplus
Hard Disk Low Level Format Tool
いつもNAVI

Canon MG3230
Epson EP-976A3

あとはユーザーごとにブラウザの細かい設定。

メインパソコンの環境をそのまま持ち出せることを意識して構築してみました。




ツイートツイート

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。